>

身近な製品に気づく

監視カメラ

離れた場所からリアルタイムで動画が見れます。センサーにより警報音を鳴らす・昼夜問わず赤外線・明るい場所はカラー映像・暗い場所は白黒映像・真っ暗な場所は専用照明で監視できます。防犯カメラは事件・事故の犯罪対策に、天災・災害時の防災対策に活用されます。
顔認識・体温・温度・音声・電波・実寸法計測などに対応した監視カメラが続々と登場して監視する目的の役に立ってます。一般家庭・企業・商店街・災害発生地域・事件・事故とそれぞれ目的と用途に合わせて使われてます。インターネット・LAN回線を利用する多くの情報をデータ化して確認する事ができます。それにより生活しやすい社会になっていきます。監視するだけでなく、今後どうしたらいいか検討する道具としても多く活用されてます。監視カメラにより技術の進化、物事の改善になります。

デジタルカメラ・スマホカメラ

「デジタルカメラ」静止画を撮影したデジタルスチルカメラで撮影した画像をデジタルデータ化して記録します。レンズの高倍率ズームを動かし高画質な写真が撮れます。全てのシーンに対応した高画質な独自の撮影を楽しめます。
それまで使われていたフィルムカメラは高画素数・小型化競争により次第になくなり、現在はより小さなコンパクトカメラ、パソコンと同期できるカメラでデジカメと省略されてます。
「スマホカメラ」2003年頃から200万画素が登場してデジタルカメラの代わりに使いたい人が増えてきました。年々、高画素カメラ付スマホになりデジカメに負けないスマホになってきました。レンズが固定され、拡大すると画質が悪くなり、スマホのサイズ制限によりデジカメに負けない技術は至難の業です。しかし、様々なアプリで加工・SNS活用で楽しめます。
デジタルカメラとスマホカメラは楽しむカメラとして普及し続けてます。


この記事をシェアする